水宅配選びドットコム

水宅配の基礎知識

レンタルウォーターサーバーのデメリット

前の項ではレンタルウォーターサーバーのメリットを説明しましたが、この項ではデメリットについても説明したいと思います。美味しく安全な水がいつでも飲むことができることでオフィスのみならず一般家庭にもレンタルウォーターサーバーの普及が進んできました。

近頃は無料でサーバーを貸し出している業者もあるようで、ますます利用しやすくなってきました。メリットに比べてデメリットはあまり大きなものではありませんが、これからレンタルをお考えの方は注意点としていくつか知っておく必要があります。

まず、ウォーターサーバーを自宅に置いた場合、電気代がかかります。基本的に24時間使用するということになりますので月にどれくらい電気代がかかるのかを前もって調べておく必要があります。それから、ボトルが入れられている段ボールや使い捨てタイプのボトルの場合、それがゴミとなってしまいます。

環境問題においてゴミの量を減らそうという現代においてこれは大きなデメリットであると言えるでしょう。その他にも再利用タイプのボトルの場合、次回の回収日までそのボトルを保管しておく場所を確保しなければなりません。

また、衛生的にウォーターサーバーを使用するためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。このようにレンタルウォーターサーバーには様々なデメリットといえる問題点が存在します。これらのことを理解した上でウォーターサーバーのレンタルを検討することが必要です。