水宅配選びドットコム

水宅配の基礎知識

ウォーターサーバー解約にかかる費用

水宅配の契約を結ぶ際には、解約時のこともしっかりと把握しておく必要があります。契約と同様に解約も業者によって規約やシステムが異なりますので、契約の際に解約にかかる費用などを確認しておかなければなりません。

解約の場合、一律の解約手数料がかかる場合と契約年数によって解約手数料が変動する場合、解約手数料がかからない場合の3種類があります。解約手数料がかからないに越したことは無いのですが、それだけで業者を選ぶわけにはいきませんのでやはりしっかりと確認しておきましょう。

一般的に契約年数変動タイプは契約年数が長いほど解約手数料が安くなり、短いほど高くなります。年数によっては無料の場合もあります。解約手数料一律タイプは短期で解約する場合には変動タイプより安くなり、お得です。レンタル契約を解約する場合、借りていたサーバーも返却しなければならないことを忘れてはいけません。

このサーバーの返却費用も有料と無料の業者があります。有料と設定している業者でも契約期間によっては無料となる場合もあるようです。ウォーターサーバーの返却費用が顧客負担となっている場合、大きさや重量によってはかなり費用がかかる可能性もあり、思わぬ出費となりますので注意しなければなりません。

また、レンタルではなく購入した場合も解約時にローンの残金が残っていると一括で返済しなければならないケースもあるので、解約の検討の際にはローンの残金も確認しておくようにいたしましょう。