水宅配選びドットコム

生活における水の役割

水の質量

1943年にアメリカの学者が不純物を含まない水である純水の中に、水素原子と酸素原子の他に普通の水素原子の2倍の質量を持つ特別な水素原子があることを発見しました。一般的な水である軽水と質量が2倍の重水には様々な異なる点があります。

それは、物理的性質における物質の溶解度、電気伝導度、電離度などです。軽水は一般的に水と呼ばれるもので、生活においては何の支障もなく使われます。しかし、重水は飲み水として大量に摂取すると身体に異常をきたすことになり、非常に危険です。

最悪の場合は死に至ることもあります。重水の中では魚類は生きていくことはできず、植物も育つことはありません。重水の主要な用途は原子炉や放射線治療の減速材として使われます。このため重水を利用する原子炉のことを重水炉と呼びます。重水はほとんど自然界には存在しません。

一方軽水は天然水の99.74%を占めています。重水は自然界にはほとんど存在しないと説明しましたが、その量はまったくゼロではありません。天然水にも極僅かな重水が含まれていることもあります。

天然水から重水だけを分離することもできますが、完璧な除去は難しいとされており実際には極僅かな重水が含まれる軽水も多く存在しています。重水の含まれる軽水を飲んだとしても健康を損なうようなことはありません。また、重水元素を特別に減少させた「超軽水」なるものがあります。この超軽水は、がん細胞の抑制に効果を発揮すると主張されています。